出展者プレゼンテーション 2017年10月12日(木) 13:40-13:50 D会場

ヘルスケア

ミルウス
北海道バイオクラスター

南 重信

代表取締役

個人情報保護時代に向けた利用者主導の健康情報収集・蓄積・活用プラットホーム"健康情報通帳®"

近年ビックデータとAIに対する期待が高まっているが、同時に個人情報保護に対する規制も強化されている。本講演では、生体、行動、環境、機器など個人に関わる多様な情報を健康無意識取得し蓄積するとともに、個人主導でAI解析や匿名加工等の活用先に配付する健康情報通帳®miParu®の紹介をする。miParu®では、無意識取得した健康情報をマスタとして秘匿領域を有したメモリカードに蓄積する。個人は蓄積した情報を自分の意志で選択し、多様な利活用サイトに有効期限付きで配付する。これにより各個人は自身の健康向上だけでなく、ポイント等によるデータ活用のメリットを実感できる。本技術はNEDOの支援のもと北海道大学で開発した成果を基に北大発ベンチャー㈱ミルウスが事業化を推進している。先端IT企業が集積し、広大な大地と機能的な都市部が隣接する札幌市の利点を生かした新たなデータヘルスのビジネスモデル構築も合わせて推進する。

このウィンドウを閉じる